☆昭和歌謡ファン☆黄金の60年代!栄光の70年代!

アクセスカウンタ

zoom RSS Vol・2◆File-No,48◆「ともしび/八代亜紀」(1975)

<<   作成日時 : 2009/07/05 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

切なく哀しい物語☆八代亜紀の「ともしび」

「心の故郷 帰りませんか」


「ともしび」は詞が感動的で泣かされます。
病魔と闘う男性を、ただ見守り祈る事しかできない女性の切ない心情を描いた
あまりにも哀しい結末を待つ愛し合う男女の物語。

最後たった二行の歌詞に、過去に愛しあい悲劇の別れとなった男性を
未だに想い慕う女性の気持ちが集約されており、また鈴木淳氏のメロディーも素晴しく
八代亜紀の感情を込めて歌い上げたラストは聴きどころでもあります。

確かこの曲は実話を元にして作られたという作品だったと記憶しておりますが、
作詞は鈴木夫人でもある悠木圭子が書き上げた傑作であります。


『ともしび』
作詞:悠木圭子/作曲:鈴木淳/編曲:竜崎孝路/唄:八代亜紀。

一、
あなたの命の ともしびが
もうすぐ消えると 聞かされた
あゝ編みかけの カーディガン
それが出来たら 夜明けの釣も
もう寒くはないねと
細くなった手で
私の手を握る あなた・・・・・・
明るく笑って あなたをだまし
ただ祈るだけの 私でした

二、
なんにも知らずに この春の
桜の花びら 散る頃は
あゝ教会で 鐘が鳴る
白いドレスの 花嫁衣裳
早く見たいと はしゃいで
細くなった手で
私の手を握る あなた・・・・・・
どうすればいいの 何が出来るの
ただ祈るだけの 私でした

あれから二度目の 春が来たけど
私の中に生きてる あなた・・・・・・

<つづきを読む>(音源試聴できます)
http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/54281160.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
切なく哀しい物語☆八代亜紀の「ともしび」
||&lt;#FFFFFF&#039; style=&#039; width:560px;text-align:center;font-family:HGP創英角ポップ体;font-size:10pt;color:gold;``☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆|| ||&lt;#FFFFFF&#039; style=&#039; width:560px;text-align:center;font-family:HGP創英角ポップ体;font-size:16pt;color... ...続きを見る
☆昭和の名盤!アナログ日記☆
2009/07/05 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vol・2◆File-No,48◆「ともしび/八代亜紀」(1975) ☆昭和歌謡ファン☆黄金の60年代!栄光の70年代!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる